shutterstock_145891655

朝食と妊娠線の関係

shutterstock_87021335
ふだんの平日に摂る朝食は外を歩いているときに立ちくらみしないためだけの目的の朝食になってないだろうか。
まあ今日はしかたないかとせっせと前日に買ったパンをお腹に入れる、、
そして毎朝こう思うのだ、いつかきっと豪華な朝食生活にするぞ!と。
そのいつかをいつかと思っているのでは豪華な朝食生活はこない。
リゾートで過ごすとき、いやそんな贅沢でなくてもいい。
都心のシティホテルでもいいのだ。
とにかくホテルに泊まってるときに大事にしたいのが朝食の時間なのだ。

テーブルをフルーツでいっぱいにする

shutterstock_145891655

こういう時は絶対和食を摂らない。
バイキングだと困るが、そういうときはルームサービスを頼む。
そしてテーブルをフルーツ、サラダ、フレッシュなジュース、焼きたてパンなどでいっぱいにするのだ。
それはまさしく豪華な朝食である。
そしてそのフルーツという点が肌においても大きな役目を果たす。
なんといっても朝摂るフルーツは黄金と言われている。
朝フルーツを食べるだけで、身体は生き生きと、そしてお肌はつるつるになっていく。

理想の肌に近づこう

背伸び女性

そのようなホテルの豪華な朝食に、いつもの朝食を近づけていくだけで肌の質は変わってくるし、
コンプレックスに対しても接し方が変わってくると思う。
特に私は、できてしまった妊娠線のある身体やセルライトが許せないが、
どうすれば良くなるだろう?と考える時間にもなる。
そんなことを考えながら、明日の朝食をどうしようかと考えつつ妊娠線クリームをせっせと塗る夜なのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ランキング


おすすめ記事